仕事内容

調剤業務

下図、各番号の円にマウスカーソルを重ねると、説明文が表示されます。

調剤業務の流れ

  1. 受付1.処方箋を患者様よりお預かり(受付)。お薬手帳をお持ちの場合は、処方箋と一緒にお預かりします。初めて来局された方にはアンケートのご記入をお願いしています。このアンケートを基に薬歴(薬の使用記録など)を作成していきます。
  2. 処方箋の入力2.処方箋の入力。コンピューターに処方箋のデータを入力します。薬の量、日数、飲み合わせに問題がないかなどチェックします。また、お薬を調剤、監査する為に必要な帳票や患者様にお渡しする情報(お薬手帳に記載する情報や薬剤情報など)を打ち出します。
  3. 情報の把握3.薬歴(お薬の使用記録など)などの患者様情報の把握
  4. 調剤4.調剤。処方箋の内容に不備がないかチェックしてからお薬の調剤をしていきます。
  5. 監査5.監査。調剤したお薬に間違いがないかを確認します。また、患者様の年齢、体重、持病、体質、副作用歴などに対して、お薬の量や種類が適切であるか、他の病院で貰っているお薬と重複はないか、飲み合わせに問題はないかなど薬剤師が最終チェックします。
  6. 投薬・服薬指導、その後お会計6.投薬・服薬指導、その後、お会計。お渡しするお薬の効果、飲み方、使い方、保管方法など説明。服薬状況、服用中の体調変化、副作用などの確認。終了後、お会計を頂きます。
  7. 薬歴の記入7.薬歴の記入。服薬指導時の内容、次回に留意するべき点などを記録。
1,受付:処方箋を患者様よりお預かり
お薬手帳をお持ちの場合は、処方箋と一緒にお預かりします。初めて来局された方にはアンケートのご記入をお願いしています。このアンケートを基に薬歴(薬の使用記録など)を作成していきます。
2,処方箋の入力
コンピューターに処方箋のデータを入力します。薬の量、日数、飲み合わせに問題がないかなどチェックします。また、お薬を調剤、監査するために必要な帳票や患者様にお渡しする情報(お薬手帳に記載する情報や薬剤情報など)を打ち出します。
3,薬歴(お薬の使用記録)などの患者様情報の把握
4,調剤
処方箋の内容に不備がないかチェックしてからお薬の調剤をしていきます。
5,監査
調剤したお薬に間違いがないかを確認します。また、患者様の年齢、体重、持病、体質、副作用歴などに対して、お薬の量や種類が適切であるか、他の病院で貰っているお薬と重複はないか、飲み合わせに問題はないかなど薬剤師が最終チェックします。
6,投薬・服薬指導、その後、お会計
お渡しするお薬の効果、飲み方、使い方、保管方法など説明。服薬状況、服用中の体調変化、副作用などの確認。終了後、お会計を頂きます。
7,薬歴の記入
服薬指導時の内容、次回に留意するべき点などを記録。

*疑義照会(ドクターへの確認)
薬の飲み合わせ、投与量など必要があれば処方医への確認を行ないます。

在宅

三晃メディカルの薬剤師による在宅訪問の内容

~地域医療へのさらなる貢献を目指して~

三晃メディカルの薬剤師がご自宅や各種高齢者施設を訪問します。
近年、高齢化社会が進み、医療機関での入院による治療から、自宅での治療を継続していく”在宅医療”への移行が進められています。三晃メディカルでは、病院の退院時カンファレンスに参加したり、ご家族や医師、ケアマネージャー、訪問看護師、ヘルパーなどの関係職種の皆さんと連携を取り合い、患者様の療養生活の向上を目的としたサービスを行います。
ご自宅訪問時に、服薬状況、効果の確認、副作用のチェックを中心に、食事の摂取、尿、便のコントロール、睡眠状況などをうかがいながら、患者様が在宅で安心して薬物治療を受け、療養できるように、サポートします。
例えば、患者さんに応じて「お薬カレンダー」や「配薬BOX」へのセット、服用しやすくなるような一包化や粉砕などのご提案をしてます。
また、他院の処方せん薬も対応し、一般大衆薬やサプリメントとの飲み合わせについても相談にお応えしています。

訪問後は、医師や関係職種、ケアマネージャーへの情報交換・提供などを行い関係職種の連携してケアを行っています。

薬剤師による在宅訪問の仕事風景薬剤師による在宅訪問の仕事風景薬剤師による在宅訪問の仕事風景薬剤師による在宅訪問の仕事風景

学校薬剤師

学校薬剤師とは、昭和33年制定の学校保健法によって定められました。
学校保健法では、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、高等専門学校、盲学校、聾学校養護学校至るまで、大学を除く国立、公立、私立の学校すべてに学校医、学校歯科医と共に学校薬剤師を必ず置くように定めています。

「学校薬剤師制度」があるのは、世界中でも日本にだけ存在する仕事です。
株式会社三晃メディカルでは、勤務する薬剤師のうち4人が学校薬剤師を勤めています。
その職務内容は、主に学校内の環境衛生について検査、助言を行い児童・生徒の快適な学校環境をつくることや健康増進に寄与する事です。
具体的には飲料水・プール水・照度・二酸化炭素濃度・給食室の衛生管理・ホルムアルデヒド測定理科室の薬品管理の調査などを行なったり、「学校保健委員会」(子供たちの保健に関わる内容を協議・検討する会)への出席や、近年問題になっています喫煙・薬物の乱用を防止する事を目的とした授業を行なう事もあります。

学校薬剤師の勤務風景学校薬剤師の勤務風景

学校薬剤師の取り組み