よくある質問

FAQ

質問をクリックすると答えが表示されます

処方箋について

  • 以前に処方せんを持ってきて、もらった薬であれば処方せんがなくてもまたもらえますか?
    • 処方せんは医師がその時の患者さんの状態を診て発行しますので、処方せんがないとお薬はお渡しできません。お薬がなくなった時は再度受診して処方せんを発行してもらって下さい。
    処方せんはすぐに薬局に持って行かないといけないの?いつまで有効なの?
    • 処方せんには有効期限があり、発行日を含めて4日間です(医師が特に指定した場合を除く)。早めに受診して手元にお薬がまだある場合でも、4日以内に処方せんをお持ちください。
    どこの処方せんでも受け付けてもらえるの?
    • 県外も含めて、すべての医療機関の処方せんを受け付けております。
    処方せんを持っているが、日曜日には薬をもらえないの?
    • 日曜・祝日および閉店後は電話にて薬剤師が対応いたしますので、当薬局までお電話ください。なお、休日および時間外の場合には通常よりもお薬代が高くなることがありますことをご了承ください。
    FAXで処方せんを送ったら待たなくていいの?
    • FAXを受け取り次第、お薬の準備を始めておりますのでお待ちいただく時間が短くなります。当薬局から遠い病院の場合には来局時にお薬ができていることもありますが、FAXでない本物の処方せんで最終確認を行う必要があるため、少しお待ちいただくことがあります。
      またFAXを送った場合でもお薬の受け取りの際には処方せんが必要となりますので必ずお持ちください。

お薬について

  • 病院の薬とサプリメント(健康食品)を一緒に飲んでも大丈夫?
    • サプリメント(健康食品)の一部には薬の作用に影響を及ぼすものがあります。詳しくは薬剤師にご相談ください。
    以前に風邪でもらった薬が余っているが、飲んでいいの?
    • 医師から「この薬は同じ症状のときに飲んでも良い」と特別に指示された場合以外は、原則として飲まないようにしましょう。同じような症状でも別の病気の場合には薬が効かないだけでなく、悪化する可能性もあります。
    家族の薬をもらって飲んでいいですか?
    • 医師は患者さんの症状を診て薬を処方しています。同じような症状でも別の病気の可能性もありますし、年齢や性別で薬が合わないこともありますので、他の人の薬は絶対に飲まないでください。
    症状が良くなったら薬を中止したほうがいいですか?
    • 医師は必要な日数の薬を処方しているので、特に指示のあった場合を除いて良くなったと思っても途中で中止しないでください。
    錠剤、カプセルや粉薬を水以外の飲み物で飲んでも大丈夫? 水なしで飲むのはどう?
    • お薬は原則としてコップ1杯程度の水か白湯で飲んでください。アルコール、牛乳、グレープフルーツは一部の薬に影響するため、避けなければいけない場合がありますので薬剤師にご相談ください。水なしで薬を飲むと食道の途中で薬が引っかかってしまい、薬が効かなかったり食道に炎症を起こしてしまうことがあります。水なしで飲めるように加工されている薬は唾液で少し溶け出してから飲み込んでください。
    開封後の点眼薬は冷蔵庫に保管するの?
    • お薬をもらうときに冷蔵庫に保管するように説明を受けたものは冷蔵庫に保管してください。それ以外は通常、室温(1~30℃)で大丈夫です。夏場などは冷蔵庫に保管してもかまいませんが、冷蔵庫に入れてはいけない点眼薬もあるので注意が必要です。
    薬を飲み始めてから血圧(またはコレステロール値)が下がりました。薬を止めていいですか?
    • 高血圧や高脂血症の治療ではお薬を飲み始めると検査値が改善しますが、これはお薬が効果を現しただけで治ったわけではありません。中止してお薬の効果が切れると元に戻ってしまいます。お薬の中止、減量は医師と相談しましょう。
    飲み合わせのチェックはしてもらえますか?
    • 薬局で以前にお渡しした薬との飲み合わせは、薬の記録に基づいてチェックした後にお薬をお渡ししております。他の薬局、病医院でもらったお薬はお薬手帳あるいはお薬そのものをご持参ください。チェックし、常用薬として記録させていただきます。
    ジェネリック医薬品に変更してもらえますか?
    • 処方せんに医師の「変更不可」の指示がなければ、原則としては変更可能です。ジェネリック医薬品がない薬もあるのでその場合には変更できません。変更希望の方はご相談ください。
    子どもが薬を嫌がって飲んでくれないが、どうしたらいいですか?
    • 小児用のお薬は甘味をつけてあるものが多く、水に溶かすだけで飲めることも多いようですが、苦手なお子様の場合には水以外のものと混ぜても構わないので、とにかく飲んでもらうことを優先してください。ただし、粉ミルクや母乳などに混ぜることは避けてください。ミルク嫌いの原因になることがあります。
      一般に砂糖、アイスクリーム、ジャム、プリン、ココア、ヨーグルト、ジュースなどを混ぜると飲みやすくなるようです。混ぜたら長く置かずにすぐに飲みきってしまいましょう。牛乳や酸性の食品(ヨーグルト、柑橘系のジュース、スポーツドリンク)と混ぜると効果が弱くなったり、苦味が増して飲みにくくなるお薬もあるので薬剤師にご相談ください。
      三晃メディカルグループの調剤薬局ではゼリーオブラートと甘味付け用シロップもご用意しております。
    薬を飲んだあとに吐いてしまった。もう一回飲ませていいですか?
    • 飲んだ直後に全量を吐いてしまった場合には、吐き気がおさまってから一回分を飲んでください。一部を吐いた場合や錠剤やカプセルが溶けていた場合には飲まずに次の時間まで待ってください。
    薬を飲み忘れてしまったら、どうしたらいいの?
    • 気づいたときにできるだけ早く飲んでください。次の時間が近いときには飲み忘れた分は服用せずに、次の分から飲んでください。一度に2回分をまとめて飲むのは危険ですので絶対に止めてください。
      利尿薬や起床時に飲む骨粗しょう症の薬は医師・薬剤師の指示に従ってください。

リンク